2010年6月6日日曜日

段付き軸の座屈荷重(オイラーの理論より求めた式)


図はオイラーの座屈に対応した考え方から求められる、段付き軸の座屈式を示す。DNV社の認証の式よりは危険側に位置するので、利用の際には注意する。オイラーの座屈計算によって求まった荷重に安全率4を除した数値を採用することは本式の場合でも同様である。本式の公式を導く手順は下記URLに記載されている。
http://m-sudo.blogspot.com/2010/05/blog-post_03.html
安全率の数値は下記URLに示されている。
http://m-sudo.blogspot.com/2009/11/blog-post_6231.html
丸善刊行 日本機械学会編 機械工学便覧 基礎編α3 材料力学 α3 44ページに関連記事があります。(上記に示した計算式と同様の式です。)
シリンダーに限らず、金型の小型化(エジェクタピンなど)に活用の場があるかもしれない。

DNV社の認証の式(油圧シリンダー用)は下記URLを参考にする。但し、DNV社の原本データ(URL)は現在、存在していない。DNV社の式は上記の式とは出力値が異なります。
http://m-sudo.blogspot.com/2009/04/blog-post_03.html
下図は座屈に関する記述部(抜粋)






当方の作成したソフトのB案(下記URLの図を参照)の計算式はDNV社の式よりも更に安全側に位置している。当方の作成したソフトは下記URLより試行版が利用できる。下記URLを参照。
http://bluesutou.blogspot.com/2009/09/blog-post_9363.html
本ソフトのA案は土木機械などに実際に利用された実績がある。

0 件のコメント: