2018年10月15日月曜日

門形ラーメン構造

過去にも紹介したが、今回はモデル例が大幅に増加したwebの紹介。リンクのキーワードは図中に紹介してあります

2018年10月14日日曜日

座屈といっても印象に残らぬ方も多いと思う。
私自身は同僚の設計したドージングドーザー(昔、よく見かけたブルドーザのこと)
の押し出し用シリンダのロッドが飴玉棒のようにグニャリと曲がった写真を見て、
こんな様に曲がるのかと驚いた記憶がある。不思議な曲がり方だったことを今でも
鮮明に思い出す。

丸棒、中空丸棒のねじり

図は下記リンクより抜粋。
ねじりの計算は、丸棒、中空丸棒ならともかく、ちょっと形状を変更すると、とてつもなく難しい式になってしまう。
上記リンクの形状は、内径をゼロとすることで、中実テーパ軸の計算になるが、それでもまだ難解な計算になります。
上図右側のデータを下記に貼り付けます。(引用元が異なる以外は同一内容)
出典:www.dtic.mil/dtic/tr/fulltext/u2/759199.pdf

2018年10月13日土曜日

様々な断面形状のねじり応力

出典:MACHINE-ELEMENTS-IN-MECHANICAL-DESIGN(新版) の予告より
旧版はモノクロだが、内容には差がない。旧版ならネットを探してみると見つけられるかもしれない。上図中段の欠け丸軸のねじり応力の算式が目新しい。
下記リンクは出版社の予告リンク。(上記データが含まれています。)
https://www.pearsonhighered.com/assets/samplechapter/0/1/3/4/0134441184.pdf

応力-たわみ線図にみる英単語の訳例

英文の文献を読むとき、英単語の意味を忘れてしまうことも多い。鉄鋼とアルミ二ウム合金の応力-たわみ線図をサンプルとしてまとめてみました。

2018年10月12日金曜日

構造用鋼の応力-ひずみ線図:引張りと圧縮

出典は Advanced Mechanics of Materiales Fifth E: Boresi and Schmidt

一般の構造用鋼の線図の見方として、このような考え方をする識者もいると考えたほうが無難かもしれないが、無難は余計かとも思う。

2018年10月11日木曜日

あるWebより

知る人ぞ知る P.Boresi博士の著作がWeb上で公開されてしまっている。ネットで検索すればすぐに見つかってしまう。画像は最新版。小生は旧版のCopyをなぜか入手してしまっているが、内容は同じ趣旨でもページのレイアウトがすっかり変わってしまっている。
(旧版の入手は7年ほど前(東日本大震災の前)、現在はダウンロードした原Webが消失。)
下図は新・旧版の導出部のプロセス例
同一の記述であることは当然ですが・・・差異を見つけるのに苦労した。
(結局、導出過程は共通)