2010年5月9日日曜日

単位: 力、圧力、応力



引用は下記URLより。
http://homepage3.nifty.com/such/shumi/shumi3/force.html
単位を工学単位系(kg-m-sec系)で学んだ世代(私自身)には、SI単位系はいつになってもしっくりなじまない。例えば圧力で 1MPa と会話、講演で聞くと瞬間的に{エット???}{鋼の縦弾性係数を206GPa ( = 206000N/mm^2)}という数値の記憶を頼りに換算しているのが現実で、集中心がそがれてしまう。過去のブログにも掲載したことだが、今度は国内のURLから引用してみた。SI単位系になじむには繰り返し、読み返すしか術はないのだろうか。
ちなみに  1 kgf/cm² = 98.0665kPa (ここでイコールでつなげてよいのかどうか、要するに単位の意味が右辺と左辺ではまるで異なるのである。理由は kgf と N の違いに他ならない。勿論、感覚的には = つなげてで構わないのだが。)
追記:
力の大きさを表す単位は、ニュートン(記号N)を用いる。1Nとは、質量1Kgの物体に加速度1m/s^2(毎秒1mの割合で速度を増す)を生じさせる力の大きさのことである。1kg・m/s^2を1Nと表し、これを力の単位とする。重力単位の1kgfは、9.8Nである。
下記URLより引用。
http://kinncyan.hp.infoseek.co.jp/kikai-syokyuu/0007/kikai-syokyuu-07.html#7-1、力の表現方法

0 件のコメント: