2010年3月21日日曜日

集中応力係数:段付回転軸のソフト紹介


画像は下記URLより
http://homepage3.nifty.com/mat/shaft.htm
関連するソフトウエアは下記URLより
http://homepage3.nifty.com/mat/download.htm

追記:丸善の機械設計便覧によると、本紹介の式の出力結果(数値)に安全率1.2を採用(1.2で除す)必要があると記載されています。誤差を見込むため。)
参考URL(ピーターソン式の紹介:ピーターソン式はここの紹介の式とは異なります。が、欧州、USAではほとんど標準的な扱いです。)
http://m-sudo.blogspot.com/2010/04/blog-post.html

0 件のコメント: