2010年4月2日金曜日

段付き丸棒(丸軸)の集中応力係数(ピーターソン)




画像について
 引用元の記述がないこと、引用元のURLが消えているために一時的に削除します。
 必要な方は下記URLより取得お願いします。
 http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/

先日、段付丸軸の集中応力係数に関して、日本機械学会のベースの式とその計算ソフトを紹介しました。丸善の機械設計便覧もこのソフト紹介の式に対応していました。参考にとは思いますが、USAなどでは主流のピーターソンの関連の段付丸軸の集中応力係数についても紹介します。(丸善の設計便覧によるとピーターソンの式は実験から得られたデータのほぼ±約20%の範囲内に収まるとのことで、得られた結果に対して1.2の安全率を見込む必要があると記載されています。尚、先日紹介の出力結果にも1.2の安全率を採用する必要があるとも記載されています。)
参考URL(日本機械学会推奨式)
http://m-sudo.blogspot.com/2010/03/blog-post_21.html

追記
PTC の技術ライブラリに採用されているRoark's formula 7th Edtion には、上記のピーターソン式とは微妙に異なる数値の式が示されています。

追記(2014.03.08 記)
下記データを追加します。
出典:http://www.roymech.co.uk/Useful_Tables/Fatigue/Stress_concentration.html

0 件のコメント: