2018年1月15日月曜日

機械材料の圧縮耐力


重要:アルミニウム合金を除いて圧縮耐力の見方(数値)に関して過去に、いくつかの記載を本ブログにて紹介しましたが本ページの記載記事を最優先してください。ただし、過去の記事については、この数日の期間中に訂正文をきさいします、但し、いずれもそれなりに、インターネットから得られた文献の記録によっており、削除はいたしません。
アルミ合金系に関しては粒子の方向性が大きな影響を持つので、本ページのデータは逆に過去のページを優先お願いします。ステンレス鋼に関しても過去のページを参考にしてください。

本ページの数値を計算書に採用する場合は、本ページに紹介する文書名を必ず記載してください。その場合、この文献を必ずご購入してください。


上図の出典は下記よりダウンロード可能。(現時点):何としてもダウンロードしておくべきです。

SS400材、S45C材などの圧縮耐力は上表の4340材の引張り耐力(Fty)と圧縮耐力(Fcy)の比率をあてはめることでおおよその推測は可能と考えます。

単位について表はUSAの書籍ですから、USAの単位系で記載されています。
1 ksi = 6.89476 N/mm^2
       = 6.89476 MPa

下図は計算例



0 件のコメント: