2016年12月15日木曜日

ラグ計算の最適データ(現時点)

現時点での最強ラグ計算資料は下記から導入したほうがよいかもしれない。英文表示が面倒だが、この英文の理解力がなければ本資料の活用は諦めたほうがよいかもしれない。
USA AirForceのデータによる計算ゆえ、プラントなどの吊り具計算には適用してはならない。軽荷重軽量化の意図があるときに適用する。

追記(2016.12.17)
USA空軍用ラグ計算の場合はラグに対する荷重の方向に強度計算が対応している特徴があります。方向性において変動的なラグ負荷を計算する場合には唯一の計算手法。
プラント、吊り具などのラグ計算は USA ASME BTH 2014 による計算が無難。この計算手法は近日、本ブログにて計算例を紹介予定。JISにはHookの規格はあるが、ラグ一般の計算規格は見当たらない。
   USAのラグ計算法は
   簡易的手法
   Air Force 計算法
   ASME BTH規格による計算法
   上記3点に大別される。

資料のダウンロードは下記より

下図は紹介データ内の材質特性の例
データの出典は下記
TOC.PDFで検索して紹介されるWebよりダウンロード可能です。下記は既に駄目なようです。
http://search.yahoo.co.jp/r/FOR=lsECl75V3ijrGFQtLXjTidJ4QYod7mX2SytpA_C4UJIxmjuLEyALQ4QLq95bRIz9XW1aD.BNdopZ.PNhyGblrgRgXeXlCuXwLwQbmLgaDmSgIXFsKnZoUofdIRGkol.rYd8yU8GD5e_ZEpl3Tus0vX03YZJgmSLZv91mICIAAwKCASSd5PuDb2pzdz5NckiJt0EC.KUwjKdUdy3nGyCo9V5zTb82nYzqABIQY0LIp4QnzNIIM15Xb8xom92b4cVBFDveVinFw0tbjoikXss2L7Egw4ct8Qrx1bmuqs2edf8Qa4KH0ALOZNN0mB7M3kCMntBF_mDOmbn0XVcE17qMYh.QfWGCI4c9nc0SMa1YM_52Xmkz0O4-/_ylt=A3JvRXKIcVJYeUQAWCiDTwx.;_ylu=X3oDMTEyMDA0MzhjBHBvcwMxBHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGUEdnRpZANqcDAzMDM-/SIG=16v6kvc5i/EXP=1481898824/**http%3A//files.engineering.com/download.aspx%3Ffolder=4c02ebf3-6425-478f-86c7-a73390725bf8%26file=Air_Force_Lug_Analysis_(section_9)%255B1%255D.pdf%23search=%27Air_Force_Lug_Analysis_%2528section_9%2529%27

0 件のコメント: