2014年9月3日水曜日

Involute_Curve_3.1のまたぎ歯厚許容値の精度


この一週間、当方の作成したソフト Involute_Curve_3.1のまたぎ歯厚許容値の精度の確認作業に没頭した。ホブを食込ませて加工する描画歯形は極めて精度が高い(多分計算値で10桁はあるはず。)ので、この機能を利用して本ソフトの許容値の精度検証に没頭した。結果はモジュール5で小数点3桁の四捨五入値で一致した。端的にいえば数ミクロンの誤差しかない。
下図は、最大限、ホブを食込ませて歯厚削減加工を行った歯車の歯形。
ホブを食込ませて得られる歯形は高歯歯車になる。この歯形出力のデータを活用してまたぎ歯厚を求めてみたのが最上段の図例である。尚この作業仔過程でソフトにバグが見つかり、修正に一週間はたっぷりかかってしまった。
既に、購入された各位には訂正版をこれから添付ファイルにて送信します。
Involute_Curve_3.1に関するブログを開設していますので、関心のある方は、お立ち寄りください。

0 件のコメント: