2014年6月10日火曜日

鋼材、ボルト、はめあい・・・EXEのサーバー登録

追記)2015.02.27
下記データをダウンロード不可に設定しました。鋼材関連データは他にもWeb上でダウンロード可能です。最新のブログでも紹介しています。

追記)2015.02.13
さしあたって必要方は下記クリックしてください。入手可能です。パスワードを記載したファイルもあります。(何か問題が出来しましたらダウンロード不可に変更します。)

2015.0914 追記) 現在、本ソフトは配信を取りやめています。Windows XP までが最適環境。
Windows7 ,8 でも32bit環境なら稼働するかもしれない。

---------------------
標題の件は、当方のブログでアクセス頻度の高いリョウセンエンジニアズに在籍されていた神野氏からメールウエアの形式で発行されていたソフトウエアの紹介です。当方は、このソフトが大変使い勝手のよいことから、発行者の意向を尊重して具体的な紹介を控えていましたが、数年前にリョウセンエンジニアズ株式会社が親会社の三菱重工業の関連部門閉鎖、合体に伴い、企業としての実体が見えなくなったことに鑑みて紹介したいと思います。ただ、著作権のかかわりがどのようなのか、不安があるので、ご意見のあるかたにはアドバイスをいただきたく思います。作者は著作権の保持を個人名で明確にされていることと、ファイル形態を変えない条件での頒布、転載を認めてはいますが、元々の企業の実態が見えなくなったことで、どのような扱いになるのでしょうか。当方は本ソフトに関しては経済的な利益などは将来にわたって考慮することはありません。基本的には大変使い勝手のよいソフトであること、WindowsXPまでが当方の動作確認ができたことという経緯を踏まえて紹介してもよいのではないかと愚考した次第です。
なお、Bolt.EXEに関してはボルトのねじ込み長さなど当方の経験した基準からは短い寸法が記載されているので、留意。データは下記Webを参考に。文字化けはフォントを日本語にエンコードしてください。.
CADデータとしての取り込みはAutoCAD_LT2000 では不可で、LTでないAotoCADが必要と思いますが、バージョンの進化に対応しているかどうかは不明です。
追記) 鋼材に関するDXFデータを下記に収録、サーバーに公開しました。(2014.06.17)

ファイルのなかでReadMe.TXTに先ず目を通してください。(2014.06.11記)
パスワードはファイルの中に当方が追加しておきました。



なお、リョウセンエンジニアズ株式会社の2012年度の説明は下記URLを参照。

以下は各項目ごとの表示例

0 件のコメント: