2014年5月13日火曜日

続:円筒シェルの座屈解析

前ページでの紹介論文からの抜粋。(当方で編集)
D/t が 800以上という制約があるが、機械設計向けの利用には活用可能。土木関連向けにはもっと的確な式があると思うが。(論文の発表時期:2001年と旧い故。)
追記) 求めた数値に安全率4を除すことを確認しよう。(一連のうデータ全てに適用。

0 件のコメント: