2017年3月30日木曜日

転がり、すべり摩擦係数のデータ集の更新

すべり摩擦係数の一覧表に新規内容を加味してPDFデータを更新しました。下記リンクより入手可能です。画像データのリンクが切られているため。

http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/kikaikougaku(PDF)/Msatsu_Keisuu.pdf


2017年3月29日水曜日

噛合い状態をCAD上で作図(Involute_Curve_3.1)

 Involute_Curve_3.1 改正版のマニュアル(予定)の一部より
かみ合い画像も点列として容易に手早くCAD上で作図可能にしました。

POINT2AutoCADLTを通じて作図
(AutoCADLT2000)
DXFファイル作成機能を通じて作図
(Jww,A9などAutoCADLT以外のCAD)
なお噛合い画像の歯の増減は歯の分割数を少なくする事で可能になります。下図


全体の分割数を少なくすると噛合い画像が小さくなります。噛合い状態を大きく表示するには
分割数の和を極力多くします。画面サイズと分割数の間には逆比例に似た関係性があります。
(前ページ参照)


2017年3月27日月曜日

噛合い状態図を描画

Involute_Curve_3.1 複合歯形係数算出の改良版について、プログラムコードのチェックと、操作マニュアルの作成を進めているところです。その作業中ですが、マニュアルのあるページを紹介します。
画像データですが、後日,PDFファイルにまとめる予定です。この画像が描画可能な事は、画像状態を、直接、CADで表示可能にする事が可能であり、現在検討中です。

上記画像構築過程では手操作による微調整は一切行っていません。噛合う双方の歯車は、転位歯車を含み、しかもバックラッシのための円弧歯厚を削減しています。下図は画像の入力画面。
入力データ入換えモードになっています。


双方とも、転位、バックラッシ対応歯形でも可能と思います。

追記 2017.03.27
双方、転位、歯厚削減歯車でも噛合い状態描画は可能でした。(下図)
先の画像と比べるとバックラッシの様相の差異が明瞭に視認できます。


2017年3月25日土曜日

複合歯形係数算出操作マニュアル(仮)

Involute_Curve_3.1 次期修正版を利用した複合歯形係数算出操作マニュアルを作成してみました。まだ完成まで行きませんが、記述した操作で算出可能なレベルにプログラムコードも完成しています。ただし、他の操作への影響の検証がまだ完了していないのですが。

この算出結果は日本歯車工業会の規格文献記載の応力修正係数、歯形係数のグラフと数値が細部まで一致しています。新歯車便覧記載の複合歯形係数のグラフともほぼ一致しています。(このほぼ一致というのは新歯車便覧記載のグラフは工具歯先の丸み係数が0.375の前提で作成されていることによります。)

下記リンクより入手可能です。ご一読ください。
http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/HukugouHagatakeisu_sannsyutu%20sousa%20.pdf

このマニュアルには Involute_Curve_3.1 の出力データからAutoCAD LT への点列描画を作成する方法が最初のほうに記載してあります。

2017年3月24日金曜日

今後のリンク記事は PDF を標準に予定

今後、基本的に 画像データ(,JPG,GIF)は 順次削除予定です。
PDFファイル重視への移行を推挙します。

Google Blog では Jpeg  Jpg  Gif フォーマットの画像がリンク不可になった様子で、過去のブログのなかには拡大してみることができなくなった図が多く存在します。必要な画像があれば、メールくだされば画像送付など対応可能かもしれません。PCの変遷とともに手元から消えてしまった画像も存在するので、すべてが復旧可能というわけではありませんが。




薄膜加工:オンワード技研(再掲)

特定の摩擦特性、対接触特性などを得る目的でのコーデイング加工メーカー。
http://onwardgiken.jp/contents/

当方の過去のURLは下記。息の長い技術の存在が察せられます。
http://m-sudo.blogspot.jp/2009/12/blog-post_20.html


2017年3月23日木曜日

またぎ歯厚許容値の精度を検証

今回、複合歯形係数のプログラムの追加に伴い、またぎ歯厚許容値の計算式を変更した。
下図を参照。モジュール1の歯の許容値の誤差は0.1μ以下に収まった。
使用CAD は AutoCAD LT 2000。


すでに正式版購入された方には順次E-mailの添付ファイルにて送付させていただく予定。
現在、複合歯形係数関連のプログラムコードの追加、修正作業中です。
Involute_Curve_31 の譲渡価格は5,500円。関連ソフトが追加されます。
Windows7 Excel2015 に対応します。(基本はWindowsXP Excel2003)