2016年5月14日土曜日

Involute_Curve_4.1 の周辺

インボリュート干渉の限界値からどれだけ転位係数を増加させたらよいか。ピニオン歯車もきちんと記載してバックラッシ量などの目視調査が欠かせない。Involute_Curve_4.1はPOINT2AutoCADLTの威力でCAD描画にはさほど難渋しない。図はAutoCAD LT 2000で描画したもの。

0 件のコメント: