2015年12月31日木曜日

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ 「アルルの跳ね橋」「夜のカフェテラス」「種まく人」


アルルの跳ね橋。(1888年)ゴッホが世に評価されるきっかけとなった作品。印象派というイメージはこの絵画からは未だ湧出してこないと私的には思う。純粋に凄く綺麗な描写という印象。橋の中央の馬車に注目。夜のカフェテラスとの構図の類似性に注目。


夜のカフェテラス。(1888年)印象派としての萌芽を見せた作品に思える。 画像中央の奥に馬車らしきものがやってきている。浮世絵的な遠近感の真奥に見える馬車は何者だろうか。

種まく人。(1888年)
ミレーの種まく人(1850年)を意識した作品と知られている。ゴッホ特有の油絵のタッチの世界が拡がっている。アルルの跳ね橋を観た後で本作を眺めて初めてゴッホの印象派としての凄さを感覚した。夜のカフェテラスの馬車と本図の太陽。遠近感の描画の奥に垣間見る動的な構図が印象に残る。
これらの作品は、JXビジネスサービス株式会社 2016年版カレンダーより。
このカレンダーのゴッホの作品は彩度が高く、実際の色合いはどうなのか、実物を鑑賞したい。
今年、最後の、締めくくりとして紹介しました。

0 件のコメント: