2015年2月21日土曜日

バックラッシのための円弧歯厚削減量の歯形係数への影響


判りにくいが、図はバックラッシを確保するためのカッタ食い込み量増加による歯形係数への影響を示します。上段の図はバックラッシのための加工ゼロの
表。上段図下部はCNC加工時(ワイヤーカット加工)の最大バックラッシ時の歯形係数。下段図はホブカッタによるバックラッシ最大時の歯形係数。バックラッシ削減の影響の強さを歯数23枚で検証してみました。


0 件のコメント: