2014年12月19日金曜日

ラグ ジョイントに関する計算_1(USAのデータより)





USAのBellヘリコプター社の構造マニュアルよりの抜粋記載。ラグジョイントの強度計算はかなりの量にわたるが、図は基本的な計算方法の例。メーカーによってはこの計算方法には微妙な差異がみられるが、本図は上記メーカーの例を示す。データは1980年代のデータであり、航空機設計関係者はこの計算式ではなくて、最新の計算手法を利用されるようにしてほしい。最新の計算手法は当方には不明。
航空機設計の計算式は軽量化。荷重条件など一般の機械設計には、通常そのままでは適用できないが、擬して、敢えてシビアな設計を志す場合、参考になるのではないかと思う。
チタン合金についても掲載があったが、割愛する。


0 件のコメント: