2014年4月26日土曜日

平板の座屈応力(DIN4114)


出典は下記。
www.jasbc.or.jp/whatsnew/files/DE259.pdf
橋梁関係のデータのようだが、実験設備の設計などに利用可能かもしれない。

以前紹介した平板の座屈グラフ(下図)とはまた異なるグラフ。

0 件のコメント: