2013年12月5日木曜日

ゼネバ機構計算式 (外歯:内歯)

外ゼネバ機構と内ゼネバ機構

外ゼネバ機構

内ゼネバ機構

追記)外歯スロット入口の形状は下記URL参照(2014.12.02 記)
   http://m-sudo.blogspot.jp/2013/04/blog-post_2423.html
    
ゼネバ機構の計算
過去に厳密な計算表示したが、今回の図の方が実際的な感がする。過去のブログは下記参照。 記ゼ)ネバ機構の採用にあたっては衝撃が大きいので衝撃を緩和する機構の組合せがよい。
国内のURLを検策すれば容易に見つかると思います。パテント案件に留意。
ピン径:溝周りなどの強度計算から適切な歯数を求める必要があります。
http://m-sudo.blogspot.jp/2013/04/blog-post_13.html

内ゼネバ機構
先述した外ゼネバ機構に対し、内ゼネバ機構というものもある。外ゼネバ機構は小型化が容易で、強度も高い。内ゼネバ機構は、原動車回転の180度以上の間、原動車のピンが従動車のスロットに入っている。そのため、従動車は、止まっている時間よりも動いている時間の方が多い。
外ゼネバ機構
--------Iphoneの内部にもセットされているそうです。
Gif画像データは下記URLより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%90%E6%A9%9F%E6%A7%8B?uselang=ja

0 件のコメント: