2013年12月29日日曜日

日刊工業新聞電子版の勧め


日刊工業新聞、東芝系のある企業にて職務に励んでいた頃、図書室に連日のように日刊工業新聞が配置されていた。他の企業に勤務を変えてからはなかなか目にすることはできない。ただ、現在の会社に通勤するようになってから、八王子駅のホームの売店で販売されているのをみかけた。現在、日本経済新聞、朝日新聞と購読している身にはきついが、電子版を購入しようと思う。但し、年金生活に入ってから申し込もう。読む時間が現在、不足するゆえ。WEBは下記。
http://e.nikkan.co.jp/

バックラッシのために円弧歯厚を減少加工した歯形形状

ホブカッタを円周方向に食い込ませることでバックラッシのための
歯厚減少加工を施したデータ。

理論上のワイヤーカット加工による歯形データ。
切下げ(アンダーカットは生じていない。)

バックラッシのための歯厚減少加工を施した歯車データ。
ホブカッタを中心方向に食い込ませることで加工する。
バックラッシのための歯厚減少量は旧JIS規格の3級による。

理論上の歯形データ。ワイヤーカット加工が可能な環境であれば
こちらのデータを採用したい。

上図は当方の作成した歯形作成ソフトによる検証。

通常、歯車の量産加工においてはバックラッシのための歯形減少加工はホブを歯車中心方向に寄せて加工する(歯先円径は共通)。上の図をみてお分かりのようにホブを食込ませて加工する方法では旧JIS1703の3級の最大減少許容値においてはアンダーカットが発生してしまう。
量産加工でない場合は、本ソフトによるワイヤーカット加工データを採用するべきだろう。

なお、この計算ソフトの検証で大きなバグ(上図に関係する事項)を発見し、ようやくバグフィックスを完了する見通しがたてられた。既にVer2.0を購入された方を含めて最新版を送付する予定です。関係された方々にはお詫び申し上げます。CADによる歯形の確認作業を行って後、テクニカルノート(操作説明書)を修正した後にE-mailにて発送させて頂きます。



2013年12月15日日曜日

4節リンク機構の関係式

4節リンクの関係式。
画像をクリックすると拡大表示されます。

4節リンク機構
引用元は下記
http://en.wikipedia.org/wiki/Four-bar_linkage

2013年12月7日土曜日

アンダーカット歯車の噛合い状態

噛合い状態12コマ目の画像

噛合い状態の歯車データ
当方作成のソフトで作成した噛合い状態の出力図。画像をクリックすると拡大表示されます。

2013年12月5日木曜日

ゼネバ機構計算式 (外歯:内歯)

外ゼネバ機構と内ゼネバ機構

外ゼネバ機構

内ゼネバ機構

追記)外歯スロット入口の形状は下記URL参照(2014.12.02 記)
   http://m-sudo.blogspot.jp/2013/04/blog-post_2423.html
    
ゼネバ機構の計算
過去に厳密な計算表示したが、今回の図の方が実際的な感がする。過去のブログは下記参照。 記ゼ)ネバ機構の採用にあたっては衝撃が大きいので衝撃を緩和する機構の組合せがよい。
国内のURLを検策すれば容易に見つかると思います。パテント案件に留意。
ピン径:溝周りなどの強度計算から適切な歯数を求める必要があります。
http://m-sudo.blogspot.jp/2013/04/blog-post_13.html

内ゼネバ機構
先述した外ゼネバ機構に対し、内ゼネバ機構というものもある。外ゼネバ機構は小型化が容易で、強度も高い。内ゼネバ機構は、原動車回転の180度以上の間、原動車のピンが従動車のスロットに入っている。そのため、従動車は、止まっている時間よりも動いている時間の方が多い。
外ゼネバ機構
--------Iphoneの内部にもセットされているそうです。
Gif画像データは下記URLより
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%90%E6%A9%9F%E6%A7%8B?uselang=ja