2013年11月14日木曜日

Involute Curve 3.1の歯形係数計算

下図群に示されるように歯形係数算出モードを備えています。この計算手法の採用によって、歯先面取り、バックラッシのための歯厚削減量、バックラッシモード、転位係数などに対応した歯形係数の算出が可能です。






0 件のコメント: