2012年5月26日土曜日

レイノルズ数_層流と乱流

必要があってレイノルズ数の確認を行ったが、久しぶりに層流と乱流の境目の数値を調べた。ネットで調べるといろいろな数値が飛び交っている。当方の独断でまとめてみたのでご参考に。

関係分野: 油圧装置設計
レイノルズ数と層流、乱流の関係:
        レイノルズ数:Re
        層流: 1500以下
        乱流: 3200以上
        遷移領域:1500~3200

参考に油圧機器メーカーの油研工業(株)のカタログでは2300を層流と乱流の境目としている。
http://www.yuken.co.jp/japanese/product/pro_sogo09/pdf/z1/z1-1-2009.pdf

もう一つ参考に(株)神鋼ソルーションのWebでは下図。
http://www.kobelco-eco.co.jp/product/process/mixing/mixing_002.htmlより
上図の記述の数値も根拠にされてよい十分な数値と思います。

0 件のコメント: