2012年4月7日土曜日

船窪小屋

これも先日、勤め先から頂いた写真。この写真が事務室に掲げられているのをみて、もしかしたら、もしか・・、と思いながら思い出せなかった。雲ノ平から北アルプスの鹿島槍方面への縦走路の途中でみかけた記憶があった。たしか急峻なザレ場を木の根につかまって渡って登りついたところにあった小屋である。今日、ネット検索でやっと名前を思い出した。船窪小屋・・・。あまり人も寄らない場所にあるのだが、今も現存しているだろうか。富山から入り、薬師岳、野口五郎岳、黒部五郎岳、鷲羽岳を通り、大蓮華岳から針の木雪渓を下りて信濃大町へ抜けた頃のことである。今の勤め先にも凄い先人がおられたものだ。
追記:蓮華岳への登りから振り返った眺め。ここに行くには針の木雪渓の急な登降が必要で山慣れない人は経験者に引率してもらおう。小屋から雲の平へは危険度が高くて勧められない。

0 件のコメント: