2018年2月6日火曜日

流体内温度計測用保護管 : 岡崎製作所

ボイラー等高熱流体内の温度計測に関するデータは下記に一覧データがあります。
この使用環境に関する計算手続きは、記載元の岡崎製作所の関連先に依頼したほうが
よいでしょう。USAのASME PTC規格などに熟知していないと困難と思われます。

https://www.okazaki-mfg.com/BasicProducts/thermowell.html

この保護管については、わが国の動燃事故が全世界にしられています。岡崎製作所の保護管に関する計算書は今眺めても卓越したデータと思いますが。率直に言ってなぞっての計算はやめた方が良いと思います。
http://kccontrols.co.uk/images/documents/wakefrequency.pdf
http://m-sudo.blogspot.jp/2009/05/blog-post_7366.html

0 件のコメント: