2017年12月19日火曜日

鉄鋼系材料の圧縮強度

大きな錯覚があり、下記(図表、本文共)書き換えました。(2017.12.20)

図を先ほど置き換えました。(2017.12.19)
鉄鋼系材料の圧縮強度は国内文献ではなかなか見つけられない。上表の数値を参考にして
JIS規格鉄鋼材に比例計算を行って求める方法がある。
圧縮強度と引張り強度(極限強さ)の比率は鉄鋼系(合金鋼を含む)ではほぼ一定。
合金鋼の場合、伸びに応じて強度の数値が大きく変化するので要注意。
(参考資料:ベルヘリコプター社の設計マニュアル。1970年頃のデータ。)

圧縮強度はラグ強度計算に必須のデータ。(ピンとの接触面応力:軸受け応力)

単位換算は下記参照






0 件のコメント: