2017年11月3日金曜日

出版社のWebより公開された書籍の章

応力とひずみ
Mcgraw-Hill社 機械設計にとって極めて重要な部分をWebで公開しています。教育関連の書籍でUSAで最も普遍的な位置に立つ出版社の刊行物の一部です。この章だけで71ページの量があります。
レベルとして普通と思うけれど、国内にこれだけの内容(微積分、行列計算をふんだんに使用)を時間的に著述可能な先生方がそうおられるとも思えない。(日本の場合は、普遍的な教育用テキストの作成は大学教育の位置としては2の次になっているような気がする。教授手作りの文献を入手できたら、後生大切にして欲しい。)
USA、ISO圏の文献を読解可能な英語力を備えることで、海外のデータを使いこなせることも心に留めておいて欲しい。


http://highered.mcgraw-hill.com/sites/dl/free/007242155x/69895/ugu2155X_ch03.pdf

0 件のコメント: