2017年11月18日土曜日

航空機用ラグジョイントの強度計算_1

今後、時々関連ページを投稿します。順に読んでゆくことが重要で、スポット的な読み方では
理解が進まないと思います。なお、一般的な機械設計にも適用します。国内ではあまり知られ
ていない計算法なので、正式な計算書類には引用文献の明記が必要になります。
テキスト参考URL(強度計算書の典拠として記する文書)
http://www.lugcalc.com/p/lug-analysis-chapt-9-affdl-tr-69-42.html

航空機用(空軍仕様)と記していますが、機械設計の一般的なピン結合のジョイントに使用すべき計算式です。材質は構造用炭素鋼鋼材でも計算可能です。最下段の図表でSteelと記されている部分が対応するライン。詳細な計算式は後のページで。

ラグジョイント計算の図式
詳細な説明は後のページで記述します。


方向性を持つ材料(アルミニウム合金材)への対応
鉄鋼の場合は考慮する必要はない。




下方の英文はアルミ合金材に粒子方向性が特殊な場合の説明。

0 件のコメント: