2017年11月20日月曜日

ラグジョイントの強度計算_01 何故USA航空機用ラグジョイント計算法を採用するか。

本ページの内容は、USAの複数の文献から意訳を試みたものです。純粋にUSAの文献を国内で理解しやすいように試みたもので、他意はないことをあらかじめお断りしておきます。文献、URLデータなどは随所に記載してあります。本計算式類の採用は自己責任にて行ってくださるようお願いします。


下図は当方の個人的な見解です。しかし、間違ってはいないと信じます。
参考WEBは下記。(ここでは小生なんら入会手続きは行っていません。)
上記WEB本文は英文ですが、重要なので原文にて抜粋します。(当方で行変えなど行っています。)下図の中に記載した当方の見解は下記英文に沿ったものでは決してありません。このことを先ず承知ください。引用原文は上記URLより。

テキスト参考URL(強度計算書の典拠として記する文書)
There are several common methods of analyzing a lug:
Simplified analysis - This method is based on first principles and involves making 
                      simplifying assumptions about the nature of the failure
                      and calculating factors of safety. This has the advantage of 
                      being relatively easy, but it only gives an approximate determination of the
                      adequacy of the lug.
Air Force Method - This method considers most of the failure modes above, and uses 
                   empirical curves to determine more accurate allowable loads.
                   This method allows for lugs under axial loading, transverse loading,
                   or oblique loading. This method also accounts for the interaction 
                   between the lug and the pin.
ASME BTH - This method considers most of the failure modes above, and uses simplified 
           equations with correction factors based on empirical data to determine more
           accurate allowable loads. This method is simpler than the Air Force Method,
           but it only allows for lugs under axial loading and does not account for the
           interaction between the lug and the pin.



0 件のコメント: