2017年10月1日日曜日

再掲:曲がり梁の断面緒量と最新の計算式

下記URL参照
http://m-sudo.blogspot.jp/2013/03/blog-post_24.html

参考文献:[Walter_D._Pilkey]_Formulas_for_Stress,_Strain,_and Structural      Matricses
     : [Arther P.Boresi]  Advanced Mechanics Of Materials

上記2冊はAmazonで検索するとHitする。Pilkey博士の著作は Petersonの応力に関する書籍とともにすごい内容を含んでいる。国内にこの著作の肉薄する書籍が見つからないのは残念に思う。Boresi博士の著作も大変ユニークな記述が目に付く。企業の設計関連費用で購入するべき著作と思う。


0 件のコメント: