2017年8月9日水曜日

段付き軸の座屈荷重 (自由端 固定端)

前々回の投稿との差異は両端の固定条件が異なる事に留意。

下記pdf データの活用により、標題の座屈荷重の計算が可能です。重量制限のきつい機械構造体の設定検討に有益です。ただし、本計算結果は耐久試験等で確認の上での実物設計への適用をお願いします。

http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/kikaisekkei_data/Dantukijiku_no_Zakutu_Kajyuu.pdf


計算例 (大径側 固定支点(固定端)  小径側 自由支点(自由端)

座屈荷重 Pcr=30364kgf


この計算結果に安全率は考慮されていないので、状況に応じて 1.25~2.5を乗ずるとよい。
1.25 通常の繰り返し荷重
2.5  油圧シリンダの衝撃荷重
(4    土木建設機械の油圧

0 件のコメント: