2017年2月1日水曜日

内歯車の歯形形状作成の入力パラメータ ( Involute_Curve_5.1 )


 Involute_Curve_5.1 は ピニオン、内歯車の正確な描画が可能という特徴があります。唯一の欠点は内歯車の歯元曲線がRにて代用されるこでしょう。しかし、このRにて代用という手法の採用によって多彩な歯形設計が可能になります。
内歯車の入力パラメータの本ソフトの特徴は下記
1) 歯底形状は単一R形状、両端R形状に対応。(前頁の画像は両端R形状、上図は単一R形状)
2) 内歯車のバックラッシ設定が可能。(上図トップ画像参考)

尚、ピニオンは内歯車との干渉計算に必要性から転位ゼロの標準平歯車形状としますが、かみ合い画像描画の入力項目として全てのデータ設定が可能です。



0 件のコメント: