2017年2月16日木曜日

スプライン3次曲線(再掲):歯形係数算出のために

画像の引用元
http://www5d.biglobe.ne.jp/stssk/maze/spline.html

以前のページは下記
http://m-sudo.blogspot.jp/2008/11/blog-post_17.html

極めて正確な歯形の描画(特に歯元曲線)が条件になります。円弧歯厚削減歯形にも適用可能になります。私はこのWEBと広島大学のWebを見比べながら歯元曲線のスプライン3次曲線作成VBAコードを作成しました。(歯形描画プログラムは直接ここのテーマとは関係ないのですが、正確な歯形を描画するために必要です。このプログラムで円弧歯厚削減量に対応した歯形描画が可能になります。)
参考ページ
http://m-sudo.blogspot.jp/2008/12/blog-post_8323.html


上図画像データはPDFとしても下記リンクより読み取り可能です。
http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/kikaikougaku(PDF)/Hagata_keisu_001.pdf




0 件のコメント: