2017年2月15日水曜日

流体による配管曲げ部に作用する力(再掲載)

この計算は、高圧流体が曲がり配管部を流れる際に生ずる力(F)を求める式です。矢印の方向に繰り返しせん断力が掛かる場合、疲労破損を考慮する必要があります。原子力発電の配管、熱交換器の配管、ジェット機のエンジン部の配管などには留意する必要があります。通常の配管でも薄肉配管の曲げ部などにも留意します。


下図のデータは下記より



上図のデータの出典は既に消失しています。確実を記して現存するWebより引用してまとめた画像を下に張ります。出典 :http://www.lmnoeng.com/Force/ForceBend.php

本ページ記載の画像PDFデータは下記より入手可能です。
http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/kikaikougaku(PDF)/Haikan_bend%20bu_hassei_suru_tikara.pdf

0 件のコメント: