2017年1月3日火曜日

バックラッシのための円周歯厚(基準ピッチ円上)削減と歯形係数

Involute_Curve_3.1を使用して歯形係数とバックラッシのための円周歯厚(基準ピッチ円上)削減量の関係について考慮してみました。この考察はInvolute_Curve_3.1の歯隅曲線部を含めた算出歯形が極めて高精度であることから可能になるものです。

0 件のコメント: