2016年12月11日日曜日

ラグ ジョイントの強度計算テキスト

USAの空軍仕様のラグ設計手法が、USA国内では航空機向けだけでなく、一般的に適用されていることに、先ほど気がついた。よって、関連テキストをダウンロード可能にしました。
この文書の引用元は下記で紹介の文書です。
http://m-sudo.blogspot.jp/2016/12/usa-stress-analysis-manual.html (引用元)

テキストのダウンロードは下記。
http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/kikaikougaku(PDF)/Ragu_Kaiseki_keisan_Siryou.pdf

または
http://www.dtic.mil/dtic/tr/fulltext/u2/759199.pdf

ラグの強度計算は3通りの手法が存在するが、それぞれの計算式などは下記ページで紹介済みです。
http://m-sudo.blogspot.jp/2016/12/web.html
http://m-sudo.blogspot.jp/2016/12/usa.html

0 件のコメント: