2016年10月4日火曜日

糖尿病について---- しばらくのブログ中断の背景

ここしばらくブログを中断しています。持病のせいか集中力が持たない感がして療養を基本に置いて暮らしています。とはいえ、、食後2時間血糖値130前後、空腹時血糖値は95~125(朝、夕2回),HbA1c値 7.3 という限界いっぱいの数値を維持しているのですが、趣味の囲碁で5年ほど以前はYahoo Japan のゲームで上級1700レベルが現在、中級1500前後まで棋力が低下していることを考慮して、このブログの方向性を改めて見直そうと思います。
糖尿病については時々記述する予定です。(一時血糖値350、HbA1C値13
近くまでゆき、入院、インシュリン注射まで進行しました。現在も、パン、そばなど摂取すると数日間血糖値が160~180を維持してしまう状態で炭水化物は必要量だけの摂取にとどめている状態。 血圧は最高115~125、最低70~80で安定しています。体重は80kg前後(身長163cm)。これ以上の体重減少はかえって危険なので高栄養、高エネルギーの食事を心がけています。体重減少に入ると歯止めが効かなくなるのが怖い。)
ということで、しばらくはソフト開発は見合わせる予定(効率の面から)。
追記) 今朝、7時の血圧計測
     最高122 最低74(1回目計測) 
     最高 90 最低65(2回目計測)
     最高110最低67(3回目計測)
     朝食後2h 血糖値 128
     (注:朝食はボリュームはあるが、炭水化物主含有食品除く
      炭水化物は野菜など適宜採取)
先ずは
1)当方作成のExcelVBAプログラムコードの公開。
2)内歯車の歯形計算のフローチャートの公開。
3)インボリュートスプラインの歯形計算
  ただし、C++などの言語では精度確保計算が困難であり、ExcelVBAに
  特化した説明にする予定。
4)ネットから入手したUSAの機械設計関連データの説明
    以下ブログの過去ページにて紹介済みですが、

    リンク機構の計算式
    ゼネバ機構の計算式
    段付き軸、徐変断面軸の座屈計算
    断面2次モーメントの公式
    慣性モーメントの公式

    などの説明を今一度繰り返してみようと考慮中です。導出過程ではなく
    既存の式の紹介、使い方の説明など。 
以上。



0 件のコメント: