2016年7月29日金曜日

Involute_Curve_5.1の開発経緯

結構細かなバグに悩まされているうちに、ベースバージョンのInvolute_Curve_3.1のバグも見つかってしまった。バグとはいってもCNC加工ではカッターパスに不都合はないのだが、後ほど修正しよう。下図はExcelからAutoCAD_LTへ自動描画する際の精度の確かさを示した。DXF変換系由では不可能な精度です。AutoCAD_LTが個人ユーザーにハンディを強いている現状には失望するが、
標記の画面は AutoCAD_LT 2000という旧世代のCADによる描画画面です。古いバージョンのAutoCAD_LT(2005以前)は表示動作も軽快なので保有している方は大切にしてほしい。(但し、XP環境対応のマシン、モニターが必要。) Dell D630 (Win XP sp3)にも当方は設定予定。
Desktop はNECのMA23A/E-4(Catiaが動作すると聞いた)に搭載隅。(今回のソフトの開発環境)
ネット環境にかかわり無ければ上記は最高のスペックです。
WindowsXP SP3 ならばノートンのウィルス対策ソフトが効きます。(軽度のインタネット使用はOK)




0 件のコメント: