2016年6月7日火曜日

内歯車ソフト作成の紹介(未完状態)

内歯車のソフトの作成途中の画面。(画面データが若干精度を欠く。)
データ一覧は一枚歯溝形状で、バックラッシのための円周歯溝幅の拡大、最大歯底許容Rの算出も済ませています。これからは、歯底隅Rのデータを中央の数列に取り入れるコード作成が待っています。その後全歯溝データの作成に掛かる予定です。
本ソフトは Involute_Curve_3.1,Involute_Curve_4.1 正式版を既に購入された皆様には無償配布します。
機械設計のエンジニアに使い良いソフトを目指しています。実際の設計場面では試行錯誤の設計条件の策定が大きな難関です。バックラッシ、歯底形状、内歯車の最大外径予測などの一助になると思います。また、FEM解析のための精密データの検証に利用可能です。歯形データの精度は小数点以下5桁は確保します。

但し、本ソフトでは創成加工データにおいて歯底隅部のトロコイド曲線であるべきデータを円弧で代用してます。唯一の弱点と思います。


0 件のコメント: