2016年5月11日水曜日

Involute_Curve_4.1の紹介_2:内歯車の設計をアシスト

歯底円(外径)を描画する。(単一R)

干渉に注意する。(歯と歯のクリアランスが凄く小さい。)
歯底を両側Rに設定するには単純にトリミングするとよい。
上図の状態の場合、単一R, 両隅小さなR どちらにしろ、応力集中の影響をFEMにて検討する必要がある。このとき、正確な歯形な描画が求められます。(下図のリム厚さも考慮する。)

参考:

0 件のコメント: