2016年4月15日金曜日

BB_Flashbackを利用して噛合い(歯形)の精度検証を実施

下記データをダウンロードしてBB_Flashbackで再生すると、互いに噛合う歯車の隅部にスキマが生じていることが判ります。これはエラーでも何でもなく正当な形です。Involute_Curve_3.1で歯形の隅部形状はラック創成加工の理論をベースに形成されている一方、歯車の歯はラックではなくインボリュート曲線を持った歯形の形状で動作している。その結果としてスキマが生ずることは至極当然のことです。
データは下記。
http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/sankou/Involute_Curve_3.1_Komaokurisousa_Syoukai_02.zip


0 件のコメント: