2016年2月27日土曜日

Will と Be going to の使いわけ

OKWave にとても興味深い質問がでていた。タイトルの用法は口語と文語の違いかと思っていたら歴然とした差異があるとのこと。確信的な未来意思( Be going to)と偶発的、期待を込めた未来意思(will)ということらしい。USAのある団体のグループの中でよくInternet chatに参加するので、差異を知って良かった。工学。科学技術とは無縁のことだが、こんな内容の紹介も悪くない。

(一部訂正の上で再掲載しました。)

0 件のコメント: