2015年12月25日金曜日

段付き軸・可変断面軸の座屈強度

表記に関するデータは下記URLを参照。
ネットから収集したデータである故、計算結果を吟味して採用の可否を決めてください。

http://m-sudo.blogspot.jp/2015/09/blog-post.html

上記資料には段付き軸の全長に関する座屈荷重、小径軸、大径軸それぞれの3通りの計算結果を求める例も記載しています。



データからグラフを読み取り、その数値を基に計算する手法になっています。
油圧シリンダー、金型のエジェクトピンの座屈強度などに利用可能です。計算の結果出力した数値は安全率は考慮していないので、0.25~0.5を乗じた数値にします。(土木建設機械は0.25、金型エジェクトピンは0.5あたりでどうか。)


0 件のコメント: