2015年10月13日火曜日

段付き軸の集中応力:英文文献より

画像はUSAの古い文献より見つけたデータ。
応力集中係数の傾向が観察できます。図表のデータの数値は採用しない方がよいかと思います。
あくまで、傾向の読み取り程度の参考にしてください。図中縦軸はstress concentration factors。

現在:Involute_Splineのソフト作成中です。結構苦戦しています(^^;)。

0 件のコメント: