2015年6月28日日曜日

またぎ歯厚とオーバピン径の許容値に関する記事の削除

前回の記事に関して、大変な間違いを記載してしまいました。よって、前回の、またぎ歯厚とオーバピンの許容値に関する説明の記述は抹消しました。(6月25日付けの記事)

またぎ歯厚の許容値、オーバピン径の許容値の算出は現行の状態で算出可能になっています。
転位係数、バックラッシのための円周歯厚の削減量、歯車間の中心距離の許容値をすべてパラメータとして含めています。現在のソフトで十分ですので、そのままご利用お願いします。なお、多くの正式版購入者には間違ったファイルを送付してしまったので、改めて、現時点の最新版を送付させて頂きます。

混乱を招いたことをお詫びいたします。

データの算出、DXKデータの取得などの範囲であれば Windows2000からWindows8.1ですべて
動作可能です。グラフの表現がWindows2007以降でうまくゆかない。(文字の配置など)
Windows8.1以降のフォローは今後実施予定。

0 件のコメント: