2015年3月24日火曜日

USAの機械、構造関連の書籍について

USAの設計関連の書籍に関しての留意点。

1)推測だが、USAの工学関連の図書は、著作者の論文そのものではないかと
  思える。工学的事象の解法に記載があっても、他の文献には見当たらない
  解法の紹介が散見される。
  
2) 誤植が多い。本ブログでも誤植の例を過去に数例示している。国内では、
  図書については、ほとんど見かけないが、ITのWebでは時々見かける程度。

3)版を重ねた刊行物を選ぶことも誤植への対策の一つかもしれない。

4)書籍の質、量ともに凄い。よって、英語の素養がものをいう。図書館の充実
  している大学で学ぶことも一つの選択肢。(卒業後も利用できる大学とか)
  ただし、設計への根拠としてはANSI、ASMEなどの公的機関の文献が無
    難。


0 件のコメント: