2015年2月4日水曜日

Involute_Curve_3.1 を利用して得られる歯形画像例:M=5.z=3.圧力角20°

頂げき係数ゼロ時

頂げき係数0.25時(追加図)
Involute_Curve_3.1で得られた歯形画像の例。歯数3枚でも、転位歯形に対応は可能です。(画像は転位ゼロ) バックラッシを設定した歯形描画も可能です。(3枚歯以上)

追記)2015.02.05 当方の手違いで頂げき係数ゼロの画像をUPしてしまいました。頂げき係数0.25の画像を追加しました。
下図は頂げき係数に応じた噛み合い状態図です。

0 件のコメント: