2015年1月30日金曜日

接触応力:円軌道上の球体

画像は下記Webより
http://www.amesweb.info/HertzianContact/ContactStressesSteelBallBearing.aspx
設計への実際の適用も上記Webを読まれたうえで実施してください。
引用文献は野心的な(先進的ともいうべきか)内容のようです。著者は、ピーターソンの集中応力に関する著作もあります。

参考:http://www.amazon.com/gp/product/0471032212/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=1789&creative=9325&creativeASIN=0471032212&linkCode=as2&tag=ameswebinfo-20&linkId=KUYNHNUWECP7DVIQ

追記)2015.01.31
上記図書は高価ですが、購入して損はないと思います。(企業として購入の場合。)

0 件のコメント: