2014年11月3日月曜日

USAの文献からみる Lug_Joint の設計_2



Lugにせん断力が作用した場合の計算式。昨日の記事のデータも活用しています。航空機の場合、重量低減が重要なのでLugの形状にも留意するが、機械設計の場合は単純な形状を模索する。(コスト低減)
次回は斜め方向に荷重が作用した場合についての予定。これらの式が機械設計にどのように活用されているかは不明。機械設計の場合は本稿の一連の式ではなくて、教科書に記載してあるような単純な式の利用で十分とは思います。

0 件のコメント: