2014年6月21日土曜日

AutoCAD LT 2000で断面性能を算出する方法。


AutoCADLT2000で断面性能を求める機能があることに気がついた。はじめはdllが読み込めないというエラーがでて諦めていたが、念のためにAutoCADLT2000を再インストールしたらエラーが解消した。現在、この機能を利用して形鋼、軽量形鋼のデータベースを作成中です。情報を発信するにはLT2000という旧いバージョンは重宝します。(AutoCADのデータをやりとりしながらの設計作業は最新バージョンがベストですが。)

追記(2014.06.25)
断面図形を描画するときに注意する事項。
必ず図心をCADの原点(0,0)に合致させるかどうかを検討すること。リージョンの計算結果はCAD上の図心に位置に応じて変化します。原点は図形の回転軸の通過点としてリージョンが決定されます。

追記 2017.02.08
現在 Web上で見つけられなくなったが、形鋼.exeというソフトも重宝する。当方ではとても重宝している。ものつくりのメーカーであれば、事情に応じて導入の相談に対応します(無償)。(匿名不可)
現在下記データは閲覧不可に設定しています。(上記記述は有効です。)
参考URL
http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/AutoCAD_LT_2000_data_base/ryousen_enziniazu_katakou_de-tabe-su.zip

0 件のコメント: