2014年6月30日月曜日

ISO 製図規格:寸法線の表示


通常JIS製図通則を利用しているが、ISOの規格に準拠した図面を作成して欲しい、などの依頼がくると現在本当に困惑する。海外企業の吸収、合併が普遍的になる時代にあることを意識するといや応でも向かっていかねばならない。

ISOの図面溶接記号表示



ISOの溶接記号の図面表示例。Excelに貼り付け拡大するか、IrfanViewを利用して拡大すると見やすくなる。何度眺めても時間が経過すると忘却してしまう。欧州の図面を相手に格闘する仕事など見たくもない気分も判らないではない。USAの溶接製図法はISOとは違いJISとの親和性は高い。

追加)下記Webを先ず読まれてほしい。

2014年6月29日日曜日

JIS標準形油圧シリンダーの選定早見表

機械設計誌〔1990年代発行月刊誌)のデータより

土木・建設機械、港湾、船舶用途のシリンダー計算ソフトは下記URL参照。

JIS標準形油圧シリンダーの計算に関しては下記URL参照。

2014年6月23日月曜日

重心周りに回転した形状の断面2次モーメントと曲げ応力


重心周りに傾けたときの、断面2次モーメントと曲げ応力を求める式。回転方向(反時計方向に回転)に留意。

追記(2014.06.25)
下図にて計算結果を確認してみました。
追記(2014.06.26)
上記の式が適用可能なのは溝形鋼、H形鋼、I形鋼などです。L形鋼の場合は異なる計算式になり、CADで描画してCADの解析機能(リージョン)を利用することが無難です。手計算で求める場合は最も弱い数値の状態を割り出して、その場合の計算値を求めるしかないのだろうと思います。


出典は propiedades secciones.pdf より。

     当方のサーバーに登録済です。

参考に
L形鋼のようにXX,YY方向に図心を通る軸線に対称な形状がない場合は回転軸の角度変換に
応じた断面2次モーメントの換算には慣性乗積のパラメータが必要になる。

溝形鋼、H形鋼などのように図心軸線に対称な形状にXX,YY方向のどちらかでも構成されていると
慣性乗積はゼロとなる。

参考文献
上記文献は当方のサーバーに登録済み。

回転軸の平行移動の場合の断面2次モーメントの換算は下図。


閑話休題:北極くま(しろくま、PolarBear)に関する考察手法

設計に関する事柄から離れて、動物、それも地球温暖化の影響を受けて絶滅の危機に瀕している北極クマについてのWebを紹介したい。このWebの記述者は北極くまにかけてはとても深いインテリジェンスを持ち、そして、それを縦横に交錯させながら白くまへの深い愛情を発露し、読み手に白くま物語ともいうべき世界を紹介しているWebである。機械設計に関する考察にも応用が効きそうな論理展開の手法にも注目してほしい。WebのURLは下記。
http://urspolar.exblog.jp/

画像の紹介はちょっと難しいので代わりに、ロシアのノヴォシビルスク動物園の白クマのライブカメラの画像のURLを紹介する。
http://myttk.ru/media/webcam/zoo_polar_bears2/

ここのURLからはロシア各地の生の風景がライブカメラから堪能できるようになっているので時間があれば楽しむのも良いだろう。

2014年6月21日土曜日

AutoCAD LT 2000で断面性能を算出する方法。


AutoCADLT2000で断面性能を求める機能があることに気がついた。はじめはdllが読み込めないというエラーがでて諦めていたが、念のためにAutoCADLT2000を再インストールしたらエラーが解消した。現在、この機能を利用して形鋼、軽量形鋼のデータベースを作成中です。情報を発信するにはLT2000という旧いバージョンは重宝します。(AutoCADのデータをやりとりしながらの設計作業は最新バージョンがベストですが。)

追記(2014.06.25)
断面図形を描画するときに注意する事項。
必ず図心をCADの原点(0,0)に合致させるかどうかを検討すること。リージョンの計算結果はCAD上の図心に位置に応じて変化します。原点は図形の回転軸の通過点としてリージョンが決定されます。

追記 2017.02.08
現在 Web上で見つけられなくなったが、形鋼.exeというソフトも重宝する。当方ではとても重宝している。ものつくりのメーカーであれば、事情に応じて導入の相談に対応します(無償)。(匿名不可)
現在下記データは閲覧不可に設定しています。(上記記述は有効です。)
参考URL
http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/AutoCAD_LT_2000_data_base/ryousen_enziniazu_katakou_de-tabe-su.zip

注意:sourcenext社を装ったポップアップメニュー


当方のWindowsXP PCでインターネットにつなげたまま、Autocadで作業中、突如として上図のようなポップアップが表示された。過去に一種のフィッシングデータ行為を指摘されtたBaiduIMEへの切換えを誘う危険なポップアップです。画像のような表示がされたならば、速やかにこのポップアップを削除してください。大陸中国系のPC関係機器を使用すると、このような罠がハードウエア的にも組み込まれたりすることがあるので、安価だからといってむやみに近づかないようにするのが賢明。家電なども要注意かもしれない。

追記) 今回の出来事はPCがWindowsXPマシンであることに留意。WindowsXPへのサポートを soucenext社はすでに打ち切っており、このような画面がXPマシンに表示されていても偽者と判断しましょう。現在、当方のXPマシンはAutocad LT操作、Office2003関係の使用、サーバーのデータ管理(ウィルスチェックはWindows7マシンで実施)、32bit C++関連のソフトの利用などに限られています。

2014年6月20日金曜日

スケッチングデザイナーの世界より

製品開発設計を経験された方ならば、嫌というほどに付き合わされるデザインプロディサーの世界の一端の画像を示してみた。参考に。
運動靴のデザイン。デザイナーの感性が試される。

未来型のフォークリフト。昇降シリンダー、チルト装置などは外から見えないように。キャノピートップの剛性もこれで持つという世界。夢物語かもしれないが、開発設計者にとっては付き合わされる宿命というものだろう。

化学プラントシステムのスケッチデザイン。

ミキサーのデザイン。実用性には楽しめるデザインが必要。

               

2014年6月19日木曜日

閑話旧題:ロシアの黒海沿岸都市ゲレンデーク紹介のVTRより

クリミヤ半島と冬季五輪が開催されたソチの中間付近にあるゲレンデークはリゾート都市としても著名で、かの地には最新の設備をそなえた北極クマ(しろクマ)を収容したサファリパークがある。
そこを紹介するビデオ(YouTube)が見つかったので紹介する。下記URLをクリックしてほしい。
http://www.youtube.com/watch?featしろクマure=player_embedded&v=FmWE516Yrpg
リゾート都市とはいえ、ロシアでは空港のカウンターと著名なホテル以外では、完璧にロシア語しか通じないので敷居はかなりたかい。動画からはゲレンデークの風景が素晴らしい。スイスのモントルーによく似た印象がする。戦乱で情報が錯綜するロシアだが、人たちの表情は実に開放的だ。
スイスのモントルーはタクシーの運転手、星3クラスのホテルで英語が通じたので、単に避暑を過ごすなら、モントルーがお勧め。(私的にはローザンヌよりイメージが良い。)モントルーはレマン湖が俯瞰できる高原に行けるのが魅力だが、このゲレンデールから俯瞰するのは黒海である。
ところで、日本でのしろクマのいる動物園は多いが、円山、釧路、男鹿半島(秋田)などが有名。
http://blogs.yahoo.co.jp/yo10101024ko/39077266.html
釧路動物園の様子です。


2014年6月10日火曜日

鋼材、ボルト、はめあい・・・EXEのサーバー登録

追記)2015.02.27
下記データをダウンロード不可に設定しました。鋼材関連データは他にもWeb上でダウンロード可能です。最新のブログでも紹介しています。

追記)2015.02.13
さしあたって必要方は下記クリックしてください。入手可能です。パスワードを記載したファイルもあります。(何か問題が出来しましたらダウンロード不可に変更します。)

2015.0914 追記) 現在、本ソフトは配信を取りやめています。Windows XP までが最適環境。
Windows7 ,8 でも32bit環境なら稼働するかもしれない。

---------------------
標題の件は、当方のブログでアクセス頻度の高いリョウセンエンジニアズに在籍されていた神野氏からメールウエアの形式で発行されていたソフトウエアの紹介です。当方は、このソフトが大変使い勝手のよいことから、発行者の意向を尊重して具体的な紹介を控えていましたが、数年前にリョウセンエンジニアズ株式会社が親会社の三菱重工業の関連部門閉鎖、合体に伴い、企業としての実体が見えなくなったことに鑑みて紹介したいと思います。ただ、著作権のかかわりがどのようなのか、不安があるので、ご意見のあるかたにはアドバイスをいただきたく思います。作者は著作権の保持を個人名で明確にされていることと、ファイル形態を変えない条件での頒布、転載を認めてはいますが、元々の企業の実態が見えなくなったことで、どのような扱いになるのでしょうか。当方は本ソフトに関しては経済的な利益などは将来にわたって考慮することはありません。基本的には大変使い勝手のよいソフトであること、WindowsXPまでが当方の動作確認ができたことという経緯を踏まえて紹介してもよいのではないかと愚考した次第です。
なお、Bolt.EXEに関してはボルトのねじ込み長さなど当方の経験した基準からは短い寸法が記載されているので、留意。データは下記Webを参考に。文字化けはフォントを日本語にエンコードしてください。.
CADデータとしての取り込みはAutoCAD_LT2000 では不可で、LTでないAotoCADが必要と思いますが、バージョンの進化に対応しているかどうかは不明です。
追記) 鋼材に関するDXFデータを下記に収録、サーバーに公開しました。(2014.06.17)

ファイルのなかでReadMe.TXTに先ず目を通してください。(2014.06.11記)
パスワードはファイルの中に当方が追加しておきました。



なお、リョウセンエンジニアズ株式会社の2012年度の説明は下記URLを参照。

以下は各項目ごとの表示例

2014年6月7日土曜日

Windows7と当方の外部サーバーとの相性

当方の外部サーバーの構築に関して、様々な不具合に直面致しています。現在、原因を究明中です。Windows7からは表示が不可能な状態が続いています。(WindowsXPではOK、ただし、日本語へのエンコードが必要)。
URLは下記。
http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/

2014年6月3日火曜日

作動油の温度 - 粘度対応表


かなり旧いデータ(単位系が旧工学単位系)だが、そこを注意すれば現在でも利用可能。上側の目盛りだけでも粘度の換算表になっています。画像が汚いが、ご容赦、将来より鮮明な画像に変換できたら差し替えます。

追記) 油研工業(株)のデータに差し替えました。図中の朱書きは当方の追加です。

2014年6月1日日曜日

サーバーの最構成

表記の件、少し少しとデータを追加しています。現在の構成でも、まだ改善の余地が多いためにまだ方向性を確保できていません。現在、のぞくことは可能なので、関心のある方はどうぞお立ち寄りください。本格的な構築は7月中旬以降になるので、本当に構成が定まるのは8月に入ってからとなります。
URLは下記。
http://m-sudo.sakura.ne.jp/soft_data/
Windows7.pro では文字化けが発生しますが、Fontを日本語(自動)に変更して下さい。