2014年4月16日水曜日

応力集中係数(Peterson_Stress_Concentration_Factor :環状溝形状)

この形状に関しては、原書ではねじり負荷の場合しか記載されていない。Petersonの集中応力係数の計算はかなり多岐の形状に細分化されており便利さの半面煩わしさもある。利用されるこれらの数式は電子計算機を利用した仮想実験式ともいうべきものである。図の形状だけでなく、Peterson式は0.2%の誤差といわれており、出力されたK値に1.02を乗じた数値を利用するのが無難とされている。

0 件のコメント: