2014年2月27日木曜日

歯形係数についての違い(ISOとAGMA)

歯形係数についての考え方がISOとAGMA(アメリカ歯車工業会)で数値の取り方が異なる。JGMA(日本歯車工業会)はISO規格に準じているが、この差異は歯車の強度計算の手法に大きな影響を及ぼす。USAで発行された歯車設計関連の文献を参考にするときこの差異をよく確認しておく必要がある。当方作成の歯形作成ソフトはJGMA、ISOの規格に準じている。
ISOでは歯形係数を求める手段としてグラフから求める手法は推奨していない。当方の作成したソフトは極めて精密な計算を行って求めています。(2017.04 改訂版より ISO6336に準じた方法に変更。旧計算式も継続。誤差が判ります。実用上同一の計算式を算出)



2017.04.12 追加



2017.04.12 差しかえ



2014.04.12 追加


追記)2015.07.20
歯形係数 ISOとAGMAの差異 に関して下記URLを参照。
AGMAの歯形係数の式が掲載されています。

0 件のコメント: